ペルソナシリーズの曲はどれもオススメ!もっとみんなに知ってほしい!




女神転生シリーズの派生作品の「ペルソナシリーズ」
最近ではP5がアニメ化され、とても人気ですよね。

豪華な声優陣に複雑に絡み合う人間模様に緻密に構成されたストーリー。
シリーズを通したイメージカラーが設定されており、スタイリッシュで飽きがこないですよね。

そして物語を彩る超カッコいい音楽
思わず気持ちが高まる名曲たち。
初めてプレイしたP3からどハマりでした。

ゲーム音楽の新しい「歌」として大きな注目を集めた
カッコいいペルソナシリーズの名曲を一気に紹介します。

 

P3〜ペルソナ3〜

まずは女神転生シリーズが「聴くRPG」に大きくシフトした原点ペルソナ3から。
女神転生シリーズは前作の「ペルソナ2罰」でストーリーが完結した事により
世界観や今までの暗い雰囲気を払拭した新しいペルソナです。

本編のイメージカラーは「」ですね。

先ずはその「新しいペルソナ」から数曲紹介します。

Burn My Dread

ペルソナ3のOP曲です。
この曲を聴かずして俺たちのペルソナは始まらない!
イントロのギターからめちゃくちゃカッコ良くないですか?

そしてサビでの抑揚・・
なんだかゾワゾワさせてくれますね!

全ての人の魂の詩

この曲はペルソナシリーズでは定番の名曲。
タイトルだけではパッとしないですが
ペルソナを発現させる重要な場所「ベルベットルーム」のBGMです。
ミステリアスなピアノの綺麗な旋律になんだか心が清らかな気持ちになりますね。

ペルソナ3でのベルベットルームに「仕える者」のエリザベスとテオドラですが
声優はエリザベスが沢城みゆきさんと諏訪部順一さんですね。

mass destruction

通常戦闘時のBGMです。
ボイススキャットには川村ゆみ、ラップにはLotus Juiceが担当しています。
超スタイリッシュな曲ですね。

ちなみに曲名の意味ですが「大量破壊」だとか。
ファンの間で「ベイベベイベ」なんて呼ばれていたり・・・

キミの記憶

P3におけるエンディングテーマです。
この曲のメロディをアレンジしたものが数曲あり、エンディングで鳥肌が・・・

歌詞の内容もストーリーにリンクしており、ヒロイン(アイギス)目線によるもの。

ファンからの支持も非常に高くどこか切なさも醸し出しており「泣ける」とファンの涙を誘った。
ペルソナライブの人気投票では1位に輝くほどの名曲。

ただし、息継ぎが全然出来ない部分があるためカラオケで歌うのはあまりオススメできない・・
(この曲を歌っている川村ゆみも録音中に酸欠になったとか)

P4〜ペルソナ4〜

前作P3よりポップさ、ボーカル曲が増えた印象を受けます。
2008年に1番売れたサントラで、当時のオリコンチャート5位になったトンデモサントラ。
ペルソナ4のイメージカラーは「黄色」。

本作を原作にした漫画や小説も多数あり、2011年にはアニメ化もされましたね。
アニメ化において主人公に「鳴上悠」と名前がつき後にP4をプレイした方は
主人公の名前に「番長」や「悠」にした人もいるのでは・・・?

Pursuing My True Self

ご存知P4のOP曲です。
イントロからカッコいい!
そしてまさかのラップ!とド肝を抜きました!
動画はアニメ版OPですが、このOPを観ればペルソナを知らない人でも
確実にファンになるでしょ・・!?

Your Affection

本作P4では天気の概念が組み込まれたため
晴れの日の放課後に町で流れるマップ曲です。

晴れ以外の天気では別の曲も流れます。
曇りなら「Heartbeat Heartbreak」で雨天は雨音だけが流れて少しダークな雰囲気に・・

Reach Out To The Truth

ギターのリフがとても印象的ですね。
この曲はペルソナ4における通常戦闘のBGMなんですが

初戦闘時や中ボス戦の「First Battle」
タイトルループ時の「Inst version」
全部で3つのアレンジがあります。

タイトルの訳は「真実を摑み取れ」だとか。

ニコニコ動画の連動イベントで
削除動画にこの曲が流れるイベントがあり
ペルソナ4を知らない人でもこの曲を耳にした事があるのでは?

 

I’ll Face Myself -Battle-

この曲はペルソナ4におけるボス戦のBGMです。
「我は影。真なる我・・」のセリフが有名なシャドウ戦で聴く事ができますね。

この曲のタイトルの意味ですが「自分自身と向き合う」
といった意訳ができます。

この曲は原曲の「I’ll Face Myself」のアレンジでなのですが
原曲はボス戦後に聴くとまた違った曲として楽しめますね。

Heaven

この曲はペルソナ4の後半ダンジョンBGMです。
ダンジョンなのに歌詞付きでなんとも贅沢なバラードですね。

ペルソナ4における人気曲の1曲であり、後にリミックスやアレンジされたものも。

歌詞はあるキャラの心情を歌っており、ダンジョンのマップに相反してとても切ない曲。

ペルソナ5〜P5〜

前作ペルソナ4からのナンバリングでは実に8年ぶりのP5。
前作に比べて少し過去の「女神転生」のようなダークさも垣間見える。
イメージカラーは「赤色」で今作では主人公一味が「怪盗団」といった変わり種。

ストーリー全体を通して「怪盗団」の雰囲気を
ストリングスやジャズでイメージしたとか。

Wake Up, Get Up, Get Out There

今作ペルソナ5の主題歌です。
ベースとストリングスの絡みがかっこいいですね。
こんな曲がペルソナ5ではワンサカ聴けます。

控えめに言ってメチャクチャカッコいい。

Life Will Change

軽快なギターリフが特徴な1曲。

この曲はペルソナ5における「パレス攻略〜オタカラ奪取〜」の際に流れる曲なのですが
通常のパレス攻略ではなく、「オタカラ」を盗み出す「決行日」のみ流れるんです。
ですのでこの曲がノリノリなのも頷けますね。

Last Surprise

ペルソナ5における通常戦闘曲です。
イントロのストリングスから戦闘の緊張感を高めてくれますね。

聴いていて飽きのこないメロディで中毒性のある1曲。
とてもオシャレ。

サビで「みんな!やっちまえー!
と総攻撃をかけるともう脳汁ドバドバです。

はったれ五右衛門

ペルソナ5におけるミニゲームでのBGMです。
なんとも緩いピコピコサウンド・・・
そして何処かで聴いた事のあるあの感じ。
アラサーの皆様はご存知「なんちゃらゴエモン」のあれ。

まとめ

女神転生シリーズより大きく進化したペルソナシリーズですが
メインコンポーザーを務めている目黒将司氏の「目黒サウンド」に終始ウットリしてしまいますね。

ペルソナシリーズにおいてギターの演奏は殆どの楽曲で目黒氏が弾いているそうです。
たかがゲーム音楽と侮るなかれ、今やゲーム音楽は立派な音楽のジャンルの1つですね。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です