アイヌの涙?ブッコロリー? 探偵!ナイトスクープの神回紹介します。




ベッドの周りに何もかも脱ぎ散らして〜
週末〜だけの〜秘密の部屋〜
おどけて〜チークを〜♪

ご存知、円広志さんのハートスランプ二人ぼっちですね。
この曲が流れたら親父はビール片手に
おかんはつまみを出してきて子ども達は半眠りでTVの前に集合し
探偵!ナイトスクープ」を毎週観るというのが関西人の習慣なのです。

関西で約30年に渡りある時は爆笑をかっさらい
ある時は感動の涙を誘い続けている探偵!ナイトスクープの神回について
書いていきます。

探偵!ナイトスクープってどんな番組なん?

まずはじめにこの番組の冒頭にテロップが流れるんですけど・・

速すぎて読めない!

このテロップを放送に合わせて言える奴、0人説を提言します。

そのテロップの内容なんですが

この番組は、視聴者から寄せられた依頼にもとづいて、探偵局長が優秀なる探偵たちを野にはなち、
世のため、人のため、公序良俗と安寧秩序を守るべく、この世のあらゆる事どもを徹底的に追求する娯楽番組である。
引用:探偵!ナイトスクープ番組概要

続いて西田局長の
「探偵!ナイトスクープの時間がやって参りました。
複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、様々な謎や疑問を徹底的に究明する探偵!ナイトスクープ。
私が局長の西田敏行でございます。」

はい。ここまでがデフォです。
これを言わずして探偵!ナイトスクープは始まらないのです。

そして、テロップの通り視聴者の疑問や悩みを優秀な探偵(芸人)達が解決する。
と言った番組です。

ちなみに初代局長は上岡龍太郎

語り継がれる名(迷)依頼の数々。

それでは関西で30年間金曜深夜の座に君臨し続ける
探偵!ナイトスクープ」の珠玉の依頼を紹介します。
(基本的に依頼者は視聴者で、素人さんです)

謎の爆発卵

探偵!ナイトスクープを語る上でなくてはならない伝説です。
もはやナイトスクープ=爆発卵
と言っても過言でもない依頼。

依頼人の友人がゆで卵を作ろうとして、食べようとすると爆発する卵を作ってしまった。
その爆発する謎の卵を再現したいという依頼・・・

察しの良い方ならご存知でしょう。

電子レンジで作るからや!

そして依頼者と探偵(桂小枝)がことごとく爆発卵の餌食に。
何度も何度も「危険ですので真似しないでください

とテロップが流れ続ける1993年に放送された爆笑回です。

おばあちゃんのブッコロリー!?

依頼者の大好きなおばあちゃんは間違った言葉を直さない。
ブロッコリーを「ブッコロリー」
ローソンを「ローチョン」
クマのプーさんを「プーちゃん

とても家族では手に負えないので探偵に直すよう依頼する・・・

くどいようですが依頼人やその周りは完全な一般人です。
ですが、一般人だからこその笑いというものもあります。

この回では依頼者のおばあちゃんの可愛らしい言い間違いと
憎めないキャラクターで茶の間の爆笑をかっさらった依頼。

このDVDに収録されている
絵本を泣かずに読みたい!」も、とても面白くてオススメです。

ガオーさんがくるぞ!

関西が生んだビジュアルホラー、ガオーさん・・・
いくらガオーさんを知っている関西人でも
夜道に突然ガオーさんに遭遇したら一目散に逃げるでしょうね。
その名を聞き恐れ慄いた子供達もいるのでは?

そんな依頼内容は
「子どもがなかなか寝付かないのでなんとかしてほしい」

そこで生まれた長原成樹探偵扮するガオーさん。

検索ワードの「検索してはいけない」に絡むほどの衝撃のフォルム。
泣く子も黙るよりも「泣く子はもっと泣く
(現在2代目ガオーさんはスリムクラブ真栄田賢探偵)

恐怖の入浴剤!?アイヌの涙

震え上がるほど寒くなる入浴剤「アイヌの涙」。
日帰り入浴施設で買った入浴剤で入った風呂体験が忘れられなくて・・・。
という依頼なのですがその成分は「ハッカ油」だったんです。

ハッカ油と言えばお風呂に数滴垂らして・・
YouTuberのやってみた動画の元祖です。

どのやってみた動画よりも破壊力のある「アイヌの涙」ですが
オチもかなりうまくまとめられていて抱腹絶倒回でした。
同じくDVD Vol.11&12BOXに収録されています。

笑いだけじゃない!号泣回も必見。

探偵!ナイトスクープの依頼内容は笑いばかりでなく
スタジオ(探偵事務所)の全員を号泣させる感動の依頼もあるのです。

おじいちゃんはルー大柴

祖父が他界して元気のない中学生の娘にルー大柴を会わせてほしいという依頼。
祖父とそっくりなルー大柴に会わせることで、娘の願いを叶えてあげたい。
依頼者に会いに来たルー大柴はキャラを封印して「おじいちゃん」として
一緒に会話や料理を楽しむなど、祖父として接するんですが
依頼者の娘も「おじいちゃん」と呼びかけたりと夢のような時間を過ごす。

この様子を見ていた依頼者と桂小枝探偵が
別室でモニタリングしながら号泣する。

この回では依頼者の娘の
おじいちゃんに対する愛情が・・・。

亡き父にそっくりな飯田選手とキャッチボール

2007年4月に放送された依頼。
依頼者は長崎県の男性。
亡くなった依頼者の父は中学野球部の監督で
元プロ野球選手の飯田哲也氏にそっくりだと言う。

父親との思い出は一緒にキャッチボールをした事だと言うが、
6歳下の弟にはその思い出がないらしく、
飯田氏とキャッチボールをさせてもらえないか?

松村邦洋探偵が東京ヤクルトスワローズの広報に掛け合い
飯田氏とのキャッチボールが実現する。
依頼者の弟は亡き父親との姿と重ね、涙をこらえながら飯田氏とキャッチボールする。

10年以上口をきいていない父と母

この回はネットでかなり反響のあった神回として有名ですね。
2013年4月5日に放送されました。

依頼者は奈良県在住の男性。
探偵はカンニング竹山
依頼内容は、物心ついた頃から
両親の会話しているところを見ていない。
母親が父親に話しても父が無視をする。
その理由を解明してほしい。
といったもの。

この両親、なんと23年間に渡り会話をしていない
と言うのが探偵の聞き込み調査にて判明するんです。

そして会話をしなくなった理由というのが
「子どもが生まれてから子ども達中心の生活になり、自分の相手をしてくれなくなった。」
なんとも言えない理由ですが、その期間がなんと23年にも及ぶなんて・・・

そして父親は母親に無視し続けていた事を謝罪し
お互いに和解し日頃の感謝を口にする。

家族の素晴らしさを改めて実感する神回として
人気を博しています。

97歳のおばあちゃん初めてのプロレス観戦

DVDには未収録なのですが自分が感動した依頼を紹介します。

依頼者のおばあちゃんは大のプロレス好きですが生で観戦した事がないと言う。
年齢も97歳と高齢で、外出ができない為なんとかおばあちゃんの願いを叶えてほしい。

担当した探偵はプロレス経験のあるスリムクラブ真栄田賢
協力してくれたのは関西で人気のプロレス団体ドラゴンゲート
そしておばあちゃんの居る施設の庭に特設リングを設置して
おばあちゃんの大好きな選手ヨースケ・サンタマリアが入場。

ヨースケの煽りで鞭で攻撃したりおばあちゃん大興奮!
脈拍が100を超えるも最後は車椅子から思わず立ち上がり
職員さんに支えられリング脇まで歩いていく。

その姿に施設の職員さんや依頼者家族は胸を打たれ涙する。

まとめ

約30年に渡り関西の深夜に
常に2桁視聴率を取り続けているバケモノ番組
探偵!ナイトスクープ の神回についてまとめてみましたが
涙腺が崩壊する感動依頼や本当にくだらないアホな依頼までかなり幅広いです。

実は今をときめくある女優さんが依頼者の娘で出演していたり
そういった小ネタもちらほら。

依頼者が素人なだけにアホな依頼はよりアホに
感動する依頼はより感動するんです。
そんな依頼を真剣に解決する探偵達。

そして月曜日には学校や職場で
「ナイトスクープ見た?あれめちゃ笑ったよな!」
と関西人の笑いの一角を担っているんです。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です