真・女神転生DEEP STRANGE JOURNEY 世界観ネタバレ解説

女神転生DEEP STRANGE JOURNEY

『アトラス』という会社名を聞くと
『ペルソナ』というタイトルを思い浮かべる読者は少なくはないでしょう。
ペルソナシリーズは今やアトラスの看板とも呼べる作品で
その熱狂的な人気からアニメ化したりスピンタイトルが出るほど。

今回紹介する『DEEP STRANGE JOURNEY』は
シリーズ25周年を記念してつくられた
STRANGE JOURNEY』のリメイク版です。

メルヘンな世界観に対して「人間の欲や業」をテーマに
ストーリーは色々と考えられる内容になっています。

本記事は凛さんによる寄稿記事です。

「DEEP STRANGE JOURNEY」作品紹介

地球人類が70億を超えたある時
南極に謎の亜空間が出現します。

亜空間は「シュバルツバース」と名付けられ、
拡大の一途を辿ると同時に、その未知の領域の存在に対し
人類は消滅の危機に晒されます。

そして事の重大さを重く見た国連は、調査隊を結成し
シュバルツバース」の調査、及び消滅を課します。

そして主人公はこの調査隊の一人として
「シュバルツバース」を散策する事になるのですが
そこは「悪魔と呼ばれる生物の巣窟で
主人公たちは悪魔たちと対立したり、協力、使役する事で問題の解決に挑むのです。

世界観はメルヘンだけどプレイヤーには倫理的な問題が降りかかる

ここまで読み進めると他のRPGのようにファンタジー要素が多い気がしますが
その反面、内実は物凄く身近でシビアな事が問われています。

それを説明するためには
シュバルツバースの正体」を知ってもらうと手っ取り早いでしょう。

ズバリ、「シュバルツバース」とは地球の意思が産み出した
人類の業争いや環境破壊など)に対する抵抗反応として出現してしまったもの。

そして対策として人類には主に3つの選択肢が与えられます。
(つまり、エンディング分岐があります。)

  • 神なる意思に従い悪魔を討ち倒し、秩序を重んじた世界の住人になる事。
    これは争いや憎しみといった感情を捨てされる事が出来る反面
    神が与える規律」の範囲でしか自由が許されていない事を意味します。

  • 悪魔の思想に傾倒し力によって世界を統べる。
    つまり混沌の時代へと身を投じるという事です。
    ある意味「シュバルツバース」に飲み込まれた地球を受け入れているが
    例え命が強者に奪われようとも、虐げられようとも文句は言えないという事になります。

  • 人間のみの力で「シュバルツバース」を消失させ、新たな未来を築いていく。
    これが一番ベストな選択肢に見えますが、実はこの選択肢こそ
    誰の協力も得られず、また最も能動性が要求される過酷な選択肢である事を意味しています。

あなたは人類滅亡を目前とする今、どのような選択肢をとりますか?

真エンドでは、「シュバルツバース」を消失させた後も戦いが待っている!?

リメイク以前の前作「STRANGE JOURNEY」では
「シュバルツバース」が消失するところまでがエンディングとして描かれていました。

「DEEP STRANGE JOURNEY」では追加シナリオがあり
そこでは人類が「シュバルツバース」の出現を反省することが出来ず
再び出現させてしまったのです。

新たに追加されたエンディングでは
主人公は他のクルーと共に「シュバルツバース」から脱出するのではなく
なんと自らが人外となり「シュバルツバース」が出現し続ける未来で
途方もなく、孤独な戦いを決断していくのです。

まとめ

主人公の過酷な最後の決断は、多くのプレイヤーにとって衝撃であったと同時に
底知れぬ力強さを感じた事でしょう。

なぜ人類の為に、そこまで出来るのか」と思うと共に
やはり自分も現実の中で何かに還元しなきゃな」
という想いに駆り立てられる衝動を感じました。

こうした、現実に教訓を与えてくれる作品が稀にあるからこそ
ゲームってやっぱり面白いなと実感できますよね。
参考になれば嬉しく思います。

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です