ロマンシングサガ3の懐かしいトラウマを紹介!

中高年のゲームユーザーの中で
レトロゲームのノスタルジーを感じたい!
当時の童心にかえりたい!

コンシューマーゲーム機のアーカイブズでダウンロードしたり
或いはテレビに接続するだけでプレイできる、
ニンテンドークラシックなどの
ハード機を手にする人は少なくないでしょう。

そんなレトロゲームの再ブームを受けてか
1995年に発売されたサガシリーズの6作目
ロマンシングサガ3」(ロマサガ3
リマスター版として
発売される事が予定されています。

このゲームタイトルを聞いて
やりこんだ記憶のある
30〜40代も少なくないでしょう。
同時に、ロマサガ3を通して
苦い経験を味わったユーザーも多いはず!

そこで今回は
そんなロマサガ3で味わったであろう
過去のトラウマを振り返ってみましょう。

関連画像

出典:ロマンシング サガ3 | SQUARE ENIX

そもそもロマサガ3ってどんなゲーム?

やはり今から20年以上も前のゲームですし
ストーリーや内容を
忘れていらっしゃる方も多いはず。

ロマサガ3がどのようなゲームだったのかを
ザックリとおさらいしてみましょう。

ロマサガ3のストーリー

物語は数百年に一度起きる「死食」と呼ばれる現象によって、世界のあらゆるものが
混沌へと還る世界。
600年前、ただ一人の赤子が生き残り、
その子は魔王となり、世界は荒廃したといいます。

その300年後、
「死食」で生き残った赤子は聖王となり人々を導いていった。
そして世界は再び「死食」の危機に迫っている。

というところで物語ははじまります。

ロマサガ3のゲームシステムは?

主人公は8人の中から1人を選び、
世界中を旅する事になるのです。

キャラクターにはそれぞれ
大まかな設定があるものの
ゲーム中のテキストは少なく、
その分プレイヤー側で想像するものとなっています。

このゲームには昨今のRPGのように
明確に「これをしなさい」といった目的が
毎回指定される訳ではなく
ワールドマップ(世界地図)から
フィールドを散策する事で、
新しいダンジョンを見つけたり
イベントを解消したりする必要があるのです。

またイベントやダンジョンは攻略が不可能であれば
一度保留にして、別のものを探しに行く事も可能です。

そう言った意味では、非常に自由度の高い作品となっている。
といっても過言ではないでしょう。

ロマサガ3にはレベルの概念がない!?

正確には、キャラクター自身の
レベルが上がる訳ではない。
といった言い方が正しいでしょう。

ロマサガ3では戦闘終了時
キャラクターのHPや腕力などの
パラメータが上昇し
戦闘を重ねることによって
キャラクターを強化することができます。

ここまでは他のRPGと同じように感じますが
ロマサガ3はレベルを上げたからといって
強力な技を習得できるとは限りません。

ロマサガ3には「武器レベル
というものが存在し
そのレベルが高ければ高いほど、
技の習得率が高くなる。

つまり、「武器レベル」が高いからといって
強力な技を習得できるとは限らないのです。

また技の習得は、
キャラクター達よりも
格上の相手と戦うことにより
技を「ひらめき」(技を覚えること)ます。

あえて強敵(ボス以外)と戦うことによって
技をひらめいて
そのまま逃げていく、
といった戦略も存在します。

ロマサガ3におけるトラウマ

ロマサガ3は自由度の高さ故に
多くのユーザーを苦しめた
罠やトラウマがあります。

無限に広がるナジュ砂漠

まずはナジュ砂漠です。

ナジュ砂漠は、情報を入手せずに進んでいくと
画面が切り替わってもまた同じ画面。

つまり…
フィールドがずっとループされる仕組み!

な…何を言っているのかわからねーと思うが 

おれも、何をされたのか わからなかった… 

砂漠の画面は殺風景で
同じ画面を何度も何度も見る羽目に。

そして何度目かのループで
打開策を模索し始めますが
なかなかワールドマップに戻れなかったり
新しいダンジョンや
フィールドにも移動出来ず。

もちろん迷っている最中には
当然、敵とエンカウントします。
ナジュ地獄にはまって
コントーラーを置いたプレイヤー多くいるはず。

ボスが強すぎて詰む

ロマサガ3は攻略の手順を間違えると
格上のボスと遭遇してしまう事が
しばしばあります。

ですが、大抵はダンジョンを一度保留にして
別のダンジョンに進んだり
イベントをこなせばいいのですが

あるタイミングから新しいイベントや
ダンジョンがなかなか見つからず
当面のボスが倒せない。
といった手詰まりが起こります。

さらに、ダンジョンによっては
一度入ると攻略するまで外には出れない!
ボスも倒せず詰んでしまう、ということも。

レベルをあげて物理で殴ればよくない?」と思いがち!
ですが!相手ボスは基本的に格上!
装備を整えて出直してくる他ないです。

予備セーブをする習慣のない人にとっては
まさに地獄ですね。

(ロマサガ3のセーブスロットは
3つ程しかなく、ソフトを共有している兄弟達にとっては
死活問題だったはず。)

アビスという最大のトラウマ

そしてその最たる象徴が「アビス
アビスの名前を聞いて
ゾッとした人は多いはず。

ラストダンジョンのアビスは一度突入すると
何の説明もなしに
ワールドマップに戻れなくなってしまい
アイテムの整理もできない始末。

さらにアビス内のボス達が恐ろしく強い!
中には、より酷い状況に陥った人たちも。
(アビス攻略ができずにロマサガ3を押し入れに封印した人も…)

まさかの主人公離脱!

主人公を「サラ」というキャラクターに
設定していた場合
ある理由からラストバトルから離脱。
パーティーが一人少ない状態で
ラスボスに挑まなければなりません

ロマサガ3は最大5人編成で
パーティーを組み、一人予備を用意できるのですが、
「アビス」に突入するには、
少年」というキャラクターを
強制加入しなければならず
また「少年」もラストバトルから外されます。
サラを主人公にしてアビスに突入した場合
ラスボスを4人で倒さないといけないのです。

主人公がラストダンジョンで離脱って
ありえませんよね!

まさにサラの呪い!

ロマサガ3は、一人一人の
必殺技」を駆使して戦うモードと
陣形を駆使して戦う「コマンダーモード
と呼ばれる戦闘方法が選ぶことが出来ます。

主人公を戦闘から外すと
「コマンダーモード」に切り替わります。
「コマンダーモード」の最中は
キャラクターの固有技は使えず
キャラクター達の力を合わせて使用する
陣形技を駆使して攻略する仕様。

勘のいい方ならもうお気づきでしょう。
今までサラを主人公にして
戦闘に参加させている状態でアビスに突入したとしても
ラストバトルでは強制的に
コマンダーモード」に切り替わり
一人少ない状態で戦闘がはじまってしまう!!
サラの呪い」ともいうべき現象。

サラを主人公にして
ラストバトルに挑んでしまった皆さん。
なんというか、ドンマイです!

まとめ

いかがだったでしょうか。
当時の苦い記憶を思い出した方も
多かったはず。

しかしながら苦い経験だけではなく
苦心しながらもダンジョンを攻略したり
ワールドマップを飛び回っ
新しい場所をようやく見つけ出した快感!
そういった思い出をお持ちなのでは?

ロマサガ3のリマスター版発売に期待をしつつ
もう一度思い出と当時のリベンジなど
今度は違った目線で
楽しむのもいいのかもしれません。

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西在住のアラサー男子。 主にアニメや漫画についての記事を書いています。 ガンダム作品が好きすぎてガンダム記事については熱量と愛が凄いとか。