機動戦士Vガンダムのトラウマについて話したい。




機動戦士Vガンダム・・・
ガンダムシリーズにおいてなんとも救われない展開が盛り沢山で
Vガンダムの評価は「駄作」と言われているんです。

シリーズ全作を通して「駄作」と言わしめたVガンダムのトラウマシーンと共に
振り返っていきたいと思います。

(この記事は盛大にネタバレが含まれますのでご注意ください。)

機動戦士Vガンダムってなんです?

機動戦士Vガンダムは前作「機動戦士ZZガンダム」に次ぐTVシリーズで
1993年〜1994年にTV朝日系で放送されていました。

自分は再放送で観ていたんですが内容が惨くて途中で観るのを辞めました。

以下簡単なあらすじです。

舞台は宇宙世紀0153年、サイド2に存在するザンスカール帝国ギロチンによる恐怖政治と、救済と慰謝を基調とするマリア主義を掲げて急激に民衆の支持を獲得し、地球に向けてベスパと呼ばれる帝国軍を派遣した。ベスパはヨーロッパの都市 ラゲーンを制圧下に置いた後、地球侵攻のための拠点とする。
ザンスカール帝国への抵抗活動を続けている組織 リガ・ミリティアの構成員たちも、それに対抗してヨーロッパで散発的な抵抗を始めた。

ヨーロッパのカサレリア近辺にて主人公の少年 ウッソ・エヴィンはベスパのMSシャッコーと、リガ・ミリティア所属のマーベット・フィンガーハットが操縦する小型戦闘機との戦闘に巻き込まれ、シャッコーに引っかかり取り付いたあげく、ベスパのエースパイロットのクロノクル・アシャーを引き摺り落としてMSを奪って操縦する。
自分たちの反攻のシンボルとして作り上げた「ヴィクトリーガンダム」のパイロットとしてウッソを迎え入れる。
ウッソはカサレリアの仲間たち、そして幼馴染のシャクティ・カリンを守るためにリガ・ミリティアに参加するが、戦いは熾烈さを増し、オイ・ニュング伯爵のギロチン刑や、ガンイージを駆る女性部隊・シュラク隊のメンバーが次々と戦死していく様など、生々しい戦場の現実を見せつけられる。

今までのガンダムシリーズは「独立・自由」のような叛逆を理由に戦争になるのですが
「マリア主義」という信仰を理由に戦争(侵略)をふっかけるあたり
かなり内容の重さがうかがえますね。

時代背景についても中世ヨーロッパを彷彿させる雰囲気で
主人公のウッソは「ジャンヌ・ダルク」と言ったところでしょうか?

ではトラウマシーンについて書いていきます。

主人公は13歳・・・

主人公のウッソですが、なんと13歳・・・
これから待ち受ける「戦争」に普通の13歳には耐えれません!

歴代のガンダムパイロットについても
ほぼ10代でしたがその中でも最年少です。

彼は「普通の少年」であるということ。
その「普通の少年」に対してザンスカール帝国の非人道的な作戦の数々!

ギロチンがむごい!

はい、Vガンダムを語るには必要不可欠な要素こそ
ギロチン」です。

少年向けアニメにしては過激すぎるでしょう・・・
このギロチンに胸を痛めた少年達は数多くいたはず。

そして当時のガンダム放送枠はなにを隠そう、なんと夕方!

こんなギロチン見せられて食べる夕飯が美味いわけがない!

そんなのおかしいですよ!カテジナさん!

はい、カテジナ・ルース(カテ公)ですね。
その悪女っぷりに「宇宙世紀3大悪女」の称号を欲しいがままに!

彼女は主人公ウッソの憧れの女性だったのですが

カミオンのおじいさん達のやり方では地球は絶望的よ。
だからあたしはこの方からザンスカールのやり方を学ぶつもりなの

こんな物言いであっさりウッソ達を裏切ります。

えぇ、純粋無垢な13歳の少年の心はポッキリです。
カテジナさんの悪行は観るもの全てに
強烈なトラウマを植えつけたに間違いないです。
トラウマ製造女」の名が相応しい。

カテ公はウッソたちの前に何度も立ちはだかり
シュラク隊や主要人物をバッサバッサ・・
他にもカテ公の悪行は勢いを増し
物語終盤には「ネネカ隊」なるトンデモ部隊が!

甘いよねぇ坊や!!

死亡フラグことシュラク隊

Vガンダムのトラウマは時代背景やカテジナさんだけではないんです。
このシュラク隊も重要なトラウマ要素の一角を担っています。

機動戦士Vガンダム=シュラク隊と言っても過言ではないです!
シュラク隊といえば劇中に登場するリガ・ミリティアの援軍なのですが
隊長のオリファー除き隊員は女性で編成され、ウッソのお姉さん的存在が多数!
ウッソにとってはまさにハーレム!

羨ましいじゃないかチクショー。

しかし、先に言っておきますがこのシュラク隊

全員死亡します。

メンバーはことごとく死亡フラグを立てて
最終話にはもれなく全員が戦死している不幸な部隊。

シュラク隊の主な見せ場

はい、悲しきシュラク隊の死亡集見せ場ですが

  • 爆弾を解除しようとして失敗しウッソの目の前で爆死。
  • 至近距離のパンチを食らいコックピットを潰され圧死。
  • 相討ちになり、コクピット内で爆死。
  • コックピットをビームサーベルで一突きにされ蒸発。
    (このシーンはかなりの名シーントラウマであり、ゲームでは有名)
  • トチ狂ってお友だちにでもなりに来たのかい? 
  • お前を守ってやれるシュラク隊はあたし一人になってしまったよ!

初代隊長であり唯一の男性であるオリファー・ノイエですが
死亡フラグではお約束である「パイロットの結婚」にてキッチリとフラグ回収します。

皆殺しの富野、おそるべし。

衝撃の36話「母よ大地にかえれ」

この36話は機動戦士Vガンダム史上1、2を争うトラウマ回ではないでしょうか?

タイトルからお察しの通り
主人公ウッソの母である「ミューラ・ミゲル」が人質に取られ
死亡してしまうといったトラウマ回。

(これ)・・・母さんです。

このシーン、ウッソのセリフに戦慄を憶えた人は多いはず・・・

実際には「これ」とは言っていないのですが
このシーンは是非直接観ていただきたい・・・

何度も何度も言うけれど、Vガンダムは当時夕方に放送してたんですよ!?

正気の沙汰じゃないですよこんなの!

まとめ

機動戦士Vガンダムのこのアニメ史上類を見ない
トラウマシーンの数々の裏には
監督である富野由悠季の当時の心境が大きく関わっていたそうです。

スポンサーへの嫌がらせだとか
Vガンダムを商業的に立体化させたくないとか

大人の事情だそうですが・・・

しかしながら結果的にファンの間では
トラウマ満載なVガンダムの評価は「駄作」と言われながらも高く

V2アサルトバスターの浪漫っぷりや
ウッソのニュータイプとして最強説など
放送後は様々な見解で根強く支持を得ています。

怖いもの見たさに観てみるのもアリですね!

ボンボンで漫画やってた?
あれこそ真の黒歴史でトラウマ・・・

それでは。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です