鬼滅の刃アニメ第一話を浜村淳がレビューしたらきっとこうなる。

アニメ「鬼滅の刃」を友人に勧められて観だしたんですが、めちゃくちゃ面白いですね。

週刊少年ジャンプを読まなくなってしまったけど
ふつふつとジャンプ復帰熱が再燃しつつあるわけです。

久しぶりに良い漫画、アニメを見た!
アニメに至ってはFateやテイルズシリーズを手がけるUfo-Tableときたもんだ!

背景やエフェクトが超良い!語彙力が崩壊する。

そこで関西ラジオ界の重鎮、浜村淳(風)にあらすじ紹介とレビューしてみようと思います。

このブログでは浜村淳についてちょこちょこ書いているんだけど
過去の記事はこちらをご覧ください。

アニメ「鬼滅の刃」第一話 浜村淳風レビュー

さてみなさん、本日紹介するのは「鬼滅の刃」。

鬼を滅する刃、鬼退治のことですね。

このアニメは吾峠呼世晴さんの同名漫画が原作で
コレすでに週刊少年ジャンプで大人気!

 

ザッザッ…ザッ…ザッ。

吹雪の舞う山中を少年が額から血を流した妹をおぶって
歩いているところから物語は始まります。

「なんでや、なんでこんなことになったんや?」

「禰豆子死ぬなよ、死んだらアカン!絶対に助けたる…。」
「死なせへん、にいちゃんが絶対に助けたるからな!」

そしてスーッと雪山の全景を映していくんです。

この少年こそが「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎。
文字の通り彼は炭を売って家族を養っている心優しい少年です。
彼の声をあてているのは花江夏樹さん。
ご存知のかたも多いと思いますが、大人気アニメ『東京喰種』の金木研の方です。

「炭はどないや?足りてるか?」
厳しい冬を越す為、家族を養う為、今日も炭治郎は山を降りて炭を売り歩く。
街では炭売りの他に障子を張り替えたり色んな仕事を頼まれます。
よろず屋、今でいう便利屋を生業にしているんですね。

炭も全部売れ、すっかり遅くなってしまった炭治郎。
家族が待ちわびるであろうと急いで家路につこうとします。

すると「コラ炭治郎!お前、山に帰るつもりか?」
もの凄い剣幕で老人が炭治郎を呼び止めます。

「あぶねぇから止めろ、ウチに泊めたる。来い!」
炭治郎は「平気や、俺は鼻が効く」

「ええからこんかい!『鬼』が出るぞ!」
老人はサブロー爺さん。彼の剣幕に炭治郎は素直に泊まっていくのです。

炭治郎はサブロー爺さんから『鬼』とは何か教わります。
そして『鬼狩り様』の事も教わるんですね。

「サブロー爺さんは寂しいんや。鬼なんかおらへん、大丈夫や」
とコレから起きる悲劇を予感せず、炭治郎は床につくのでした。

そして一夜明け…。

悲劇は起こるんです!

血の臭いを嗅いだ炭治郎は家路を急ぎます!
家の前に倒れている禰豆子!そして家の中、あたり一面に広がる血、血、血!
血の海とはまさにこの事!無惨にも家族は全員もう死んでしまっていました。

まだ温かい禰豆子を担いで炭治郎は山を駆け下ります!

急げ炭治郎!急ぐんや!前に、前に足を動かすんや!
まだまだ街までは遠い!その瞬間!

「ヴァーッ、ヴゥーッ!!!」

背中に背負った禰豆子が白目を向いて暴れ始めた!
その唸り声はおよそこの世のもんやあらしません。

「しもたッ!」炭治郎は崖から禰豆子共々落ちてしまいます!

絶体絶命!どうなる炭治郎、どうなる禰豆子!

幸いゆきがクッションになって炭治郎は助かるんですが禰豆子の姿は見当たりません。

「どこや、どこや禰豆子!」
周りを見渡して木の麓に禰豆子は立っているんです。
しかし明らかに様子がおかしい。

「アー!ヴーッ!」
顔はまさに鬼の形相!
普段の優しい禰豆子とは想像を絶するほど恐ろしく豹変して、ものすごい力で炭治郎に襲い掛かります!

見る見る大きな身体になっていく禰豆子!
炭治郎は他人の家でぬくぬくと寝ていた自分を責めます。

「頑張れ!鬼になんかなったらアカン!頑張らんかい!」

炭治郎の想いに答えるように禰豆子が涙を流した刹那!
物凄い高さから一閃!すんでのところで炭治郎と禰豆子はその攻撃を避けるんです。

立っていたのはエンジ色と亀甲模様の羽織をきた端整な顔立ちの青年。
青年は「なんで庇ってん?ソレが妹か?」とええ声で問います。

まさに電光石火の早業!一瞬の隙をつき禰豆子を腕に抱え
「動くな!俺の仕事は鬼を切る事や」と放ちます。

炭治郎は大事な家族を鬼に皆殺しにされ、残った禰豆子も奪わんといてくれと
必死に必死に弁解するんです。果てに土下座まで。

その行為に青年は頭に血が昇ったのか演説ばりの長台詞を言うんです。

(※以下アニメのセリフとともにお楽しみください。)

生殺与奪の権を他人に握らせるな!

惨めったらしくうずくまるのはやめろ!
そんなことが通用するのならお前の家族は殺されていない!
奪うか奪われるかの時に主導権を握れない弱者が妹を治す?
仇を見つける?笑止千万!!

弱者には何の権利も選択肢もない!
悉く力で強者にねじ伏せられるのみ!!

妹を治す方法は鬼なら知っているかもしれない。
だが、鬼共がお前の意志や願いを尊重してくれると思うなよ!

当然俺もお前を尊重しない。それが現実だ
なぜ、さっきお前は妹に覆い被さった?
あんなことで守ったつもりか!?

なぜ斧を振らなかった、なぜ俺に背中を見せた!!
そのしくじりで妹を取られている
お前ごと妹を串刺しにしても良かったんだぞ!

引用:鬼滅の刃 第一話より抜粋

それが浜村淳変換でこうなります。多分。

「生きるか死ぬか言う時にみっともない姿を見せるのはやめぃ!
そんな事ならお前の家族は殺されたりはしてへん!
命のやりとりをしとるんや!
弱いもんに妹を治すやら仇を見つけるとか御託を言う権利なんかあらへんのや!
ヘソが茶沸かすわアホンダラ!」

「弱いもんには権利もクソもあらへん!強いもんにねじ伏せられるんや!
妹を治す方法は鬼なら知ってるかもわからん。
やけどな、鬼らがお前の意志や願いを聞くと思うか?
当然俺もお前を尊重せん。それが現実や。
妹に覆い被さったぐらいで妹を守ったつもりか?
なんで斧を振らんかってん!なんで俺に背中を見せてん!
そのしくじりで妹を取られているんや!
お前ごとメッタ刺しにしてもよかったんやぞ!!」

その言葉に打ちひしがれた炭治郎。思わず涙が溢れます。

「泣いたらあかん、絶望すな。今はそんな時やあらへん。」
と心の声で炭治郎の気持ちを汲み取る。
青年も半日早く着いていればと後悔するのです。

怒りや悲しみは自分を大きく動かす原動力になる。
青年は鈍く光る刀を禰豆子に突き立て炭治郎の「覚悟」を試すんです!

 

さあさあ、見物人も誰もいない雪山で男と男の大立ち回り!
先手を取ったのは青年の刃!非情にもグサーッと禰豆子を貫きます!
怒りに身を任せて石を投げる炭治郎!
斧を手に取り青年に斬りかかろうとした瞬間!

勝敗は一瞬で幕を引きました。
なんせ相手はもの凄い腕力で鬼の禰豆子を制している剣士。
数々の修羅場をくぐり抜けてきたんでしょう。
刀の柄で炭治郎をガツン!と打ち下ろし、あっけなく炭治郎は負けてしまうんですね。

今から斬られるであろう禰豆子は呆然と炭治郎を見つめます。

青年はすぐに気づくんです!「斧はどこや…。」
その刹那、炭治郎に気を取られて目の前に斧が現れ、間一髪!
青年に勝てないのを分かっていながら、
「自分がやられた後に斬る」と言う作戦に見事にはまっていたのです!

そして青年の隙を突き逃げ出す禰豆子!
「食われる!」そう思った時なんと禰豆子が炭治郎を庇ったのです!

嗚呼、なんと美しい兄妹愛なんでしょうか!
鬼になりながらも傷ついた兄を守ろうとする禰豆子。
飢餓状態の鬼はなんたらと青年は思い出します。

「こいつらは、なんか違うんかもわからん。」

スッと納刀し、手刀で禰豆子を気絶させるんです。

 

「置き去りにしてごめんね、禰豆子を頼んだで。」

と言う鬼にやられた母、兄妹たちが炭治郎を見守りハッと目を覚ました炭治郎。
すぐ側には口輪をされ横たわる禰豆子、そして青年が言います。

「狭霧山におる鱗滝左近次と言う老人を訪ねたらええ。
冨岡義勇に言われてきたんや。と。」
「それと今は日がでとるけど妹を太陽の元に連れ出したらあかんで。」

と言い残し、青年はもの凄いスピードで消え去ってしまうのでした。

そして鬼に殺されてしまった家族を埋めてやり
炭治郎と禰豆子は鱗滝左近次の元へ向かうのでした。

 

というのがアニメ「鬼滅の刃」の第一話になります。

まとめ

やっぱり癖が強いですね…。
今回はアシスタントの相槌入れるのを忘れてしまいました…。

最後までお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

果たして浜村淳風レビューは
アニメ本編をしっかり踏襲していたのか!?
謎が残るところですがdアニメストアにて鬼滅の刃が配信されているので
答え合わせができます!

劇場版の無限列車編が公開されたら
またやると思います。

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です