ゲーム

2/7ページ

【DEATH STRANDING】繋がりを求める世界観が深すぎ!

小島秀夫監督がコナミ退社後に「コジマプロダクション」を立ち上げて初のタイトル 『DEATH STRANDING』が2019年11月8日に発売されました。 率直に「クセのあるゲーム」だろうと予想していたのですが 実際に予想の斜め上をいく「万人受けはしないゲーム」だなと。 しかし!作り込まれた世界観、ゲームの新しい可能性を見た! 設定や世界観にフォーカスをあててレビューを書きたいと思います。 あらすじ […]

モノクロの世界でさまようホラーゲーム『LIMBO』が怖すぎ!

インディーゲームの名作ホラーゲームと言えば『LIMBO』じゃないでしょうか? 目の肥えたゲーマーからも「怖すぎる」と一目置かれたこのゲーム。 運命に逆らい、妹を探して少年は LIMBO の世界に足を踏み入れる 不可思議で邪悪な世界に迷い込んだ少年の、残酷で独特な雰囲気を持ったアクションホラー。 公式の説明文にもこれだけしか記載がなく、情報が少ないんですが プレイしてみるとかなり考えさせられる内容で […]

【ネタバレあり】ゼルダの伝説 夢をみる島のストーリーが切ない

ゼルダの伝説夢をみる島

2019年2月14日のニンテンドーダイレクトにて 『ゼルダの伝説 夢をみる島』のSwitch版リメイクが発表され、9月20日に発売されましたね。 『ゼルダの伝説 夢をみる島』は1993年にゲームボーイにて発売され その5年後にゲームボーイカラーで『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』としてリメイク。 ニンテンドーのキラータイトル「ゼルダの伝説シリーズ」において 「シリーズ初の携帯ゲームタイトル」だっただ […]

【鬱ゲー】ニーアオートマタの鬱っぷりが救いなさすぎて辛い!

「私達は、壊される為に生まれてきた。」 この切ないセリフ、キャッチコピーと共に公開されたゲーム 『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』 人形達が悲鳴を上げながら工業機械に粉々に破壊されるCMが話題になりました。 近未来の荒廃した地球を舞台に 人類の代わりのアンドロイドと機械生命体による代理戦争が本作のストーリー。 前作『NieR:RepliCant』のナンバリングタイトルで前作の世界観 […]

ティガレックスはモンハン史上最大のトラウマ!

ハンターの皆さん、日々の狩猟お疲れ様です! 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の発売が決定しましたが ついに懐かしい「アイツ」がお目見えになりましたね。 古参ハンターの皆さんはもうご存知でしょう。 「モンスターハンターポータブル2(MHP2)」に初登場した 轟竜ティガレックス。 時はPSP全盛期、何度「あのクエスト」でつまずいたことか! ティガレックス許すまじ! トラウマを蘇らせて、今こ […]

【ネタバレあり】ドラッグオンドラグーン3というゲーム史最大の鬱ゲー紹介

DoD3鬱ゲー

RPGをプレイしていると物語の根幹を揺るがすほどの「選択」や「分岐」に出くわすことがありますよね? 「あの時こうしていればよかった」とか 「この選択肢はバッドエンドルートを辿る」とか。 そんなたらればが顕著に現れるゲームが 「鬱ゲー」として名高い 『ドラッグオンドラグーン3』(以下DoD3) 世界観は後に『NieR:RepliCant』や『NieR:Automata』に 繋がる作品になっていて、デ […]

1 2 7