[3000文字チャレンジ]愛してやまない「橋」

どうも、もとさんです。

3000文字チャレンジ「みかん」に続き、今回のお題。

「橋」

ぶっちゃけ橋についての感想だ思い入れとか皆無だわ。

結構お題無茶振りじゃないですか?

ちなみに「みかん」の記事についてはこちらから。

なかなか苦戦している皆さんも多い中

前回のお題「オススメ」をスルーした戒めを込めて自分に誰か
逆水平チョップを。
いや、垂直落下式DDTを!

はい、勘の良いみなさん!

 

時は来た!それだけだ・・・

愛してやまない「橋本真也」

赤コーナーより、橋本真也選手の入場です!

身長180cm体重130kg
ミスターIWGP、破壊王こと橋本真也。

40歳という若さでこの世を去った伝説のレスラー。

お世辞にもスタイルは良いとは言えないが、あの体躯より繰り出される
得意技の垂直落下式DDTや袈裟斬りチョップはもはや芸術。

では何故橋本真也は死して尚、愛されているのか?

その疑問について話したい。

リアルジャイアン

橋本真也と言えば数々のエピソードの持ち主で、
やはり「大のイタズラ好き」であるという事。

中でも有名なのは
後輩レスラー「小島聡」の虫嫌いに漬け込み
彼の部屋中に200匹のセミを放ったなんていう恐ろしいエピソードが。

他にも当時の付き人「天山広吉」に雀を食べさせたとか。
天山はそのイタズラの最大の被害者だったりする。

それだけではなく遠征先のアメリカで師である
アントニオ猪木のカードで買い物しまくったり。
まさに「お前のものは俺のもの」破天荒すぎ!

1990年代最強レスラー

1990年代、錚々たるレスラー達が新日本プロレスには在籍してましたね。

プロレス大好きおじさん、獣神サンダーライガーはバリバリキレッキレの全盛期だし

大晦日に方正ゼッタイひっ叩くマンこと悪のカリスマ、蝶野正洋。

それに「ジーニアス」こと神奈月。じゃなくて武藤敬司。

蝶野と武藤のユニット「闘魂三銃士」は当時大人気!

そしてそして革命戦士こと長州小力・・・じゃなくて長州力。

レジェンド達がひしめき合う中、橋本真也はIWGP王座に通算20回防衛。
ついた通り名が「ミスターIWGP」ですね。

そのIWGPのベルトを引っさげ
柔道からプロレスに転向した小川直也との抗争は伝説でした。

時は来た!それだけだ・・・

橋本真也の名台詞と言えばこの「時は来た!」

今ではネタとされ多くの芸人にモノマネされていますね。

ですがプロレス知らない皆さん。

「何が来たん?」って感じじゃありません?

ではこの発言についての解説です。

1990年2月10日 アントニオ猪木・坂口征二 VS 橋本真也・蝶野正洋 戦

アントニオ猪木と坂口征二と言う時代を築きあげた伝説に
橋本真也と蝶野正洋が挑む。

その意気込みをアナウンサーに聞かれ、

蝶野「潰すよ。今日はよく見とけ!」

橋本「時は来た!」「・・・それだけだ。」

あまりの歯切れの悪さにタッグパートナーの蝶野は笑いを堪えると言う
プロレス史に名を刻む「スベりっぷり」。

本来なら師匠越えという大事な試合なのに
まさかの意気込みで空気をぶち壊した橋本真也・・・

そして後に長州力との「こらこら問答」と言うネタが爆誕する。

橋本真也まとめ

40歳という若さでこの世を去った伝説のレスラーについてまとめてみました。

やはり今でも入場曲の「爆勝宣言」を聞くと胸が熱くなりますね。

それでは!

 

と言いたいところですがこれは3000文字チャレンジ!

まだまだ文字数は2000文字も残っていますので今度こそ

「橋」

について書いていきたいと思います!

やはり橋と言えば強く堅牢なイメージですよね。

なんというか「剛腕」とか「鉄人」みたいな・・・

はい、次のテーマです。

愛してやまない「小橋建太」

身長186cm体重115kg、小橋建太。

数多の怪我や病気に苛まれるも何度も立ち上がる鉄人。

では小橋建太の魅力についてです。

愛されるが故に・・・

小橋建太と言えば
全日本プロレスやプロレスリング・ノアでの獲得タイトルの多さ
その他に「ニックネームの多さ」が異常に多いことで有名ですね。

え?知らないんすか?

ではご紹介しましょう。

  • 剛腕
  • 鉄人
  • 絶対王者
  • 伝説の男
  • オレンジ・クラッシュ
  • 熱き魂の握り拳
  • 熱き青春の握り拳
  • 黒小橋
  • ミスタープロレス
  • ジャパニーズ・レジェンド
  • バーニング
  • 紳士レスラー
  • ど根性ファイター
  • チョップ小橋

などなど。

いやぁ、多すぎません?

握り拳シリーズ、そんなにいりますかね・・・?

帝王との友情。

小橋建太を語る上で欠かせないのはやはり「546日」ですね。

今まで敵対していた高山善廣の2006年7月18日復帰戦に小橋建太とタッグ指名するも

同年6月末に小橋に腎臓癌が見つかり、高山善廣復帰戦はパートナーが変更。

腎臓癌の治療から546日後の2007年12月2日、小橋はリングに帰って来ます。

そして小橋が復帰戦でのパートナーに選んだのが高山善廣なのです。

いやぁ、病と戦った男同士の友情と約束。

アツいですね!

アツい男。

小橋建太と言えば超がつくほどの「汗かき」で有名ですね。

あ、どうでもいいですか?

冷房はいつも16度だそうですよ。

結婚に求める条件にも「冷房の設定温度でもめない人」と言われていたとか。

どうでもいいですか・・・。

チョップ合戦

チョップ小橋とも呼ばれる彼の代名詞について。

小橋建太の剛腕から放たれる逆水平チョップは圧巻の一言ですね。

その小橋のチョップのベストバウトが
2005年7月18日の佐々木健介戦・・・。

この試合で両者合わせて放ったチョップの数なんと約210発以上。
(213発だとか216発だとか218発だとか諸説あり)

まさに剛腕対決、夢のカードとして今でも語り継がれる伝説の一戦!
(本人曰くチョップばかりやってバカみたいだったとの事。)
you tubeにも動画があるので一度観てみてはいかがでしょう?

小橋建太まとめ

いかがでしたか?

生粋のプロレスバカ小橋建太についてまとめてみました。

それでは!

 

と言いたいところですがまだまだ文字数は3000文字には到達しません!

今度こそ「橋」について書きたい!

いきなりですが、皆さんはバンジージャンプってした事ありますか?

自分はありません!だって高いところ怖いじゃないですか。

ただでさえトップロープからのハイフライフローを見るだけで鳥肌モノ。

ハイフライフロー・・・?

愛してまーす「棚橋弘至」

最後の橋はやはり新日本プロレス人気の立役者「棚橋弘至」ですね。

いやぁ、長かった!プロレスがようやく!東京ドームをいっぱいに!

では棚橋弘至の魅力について語りたい!

100年に1人の逸材

棚橋弘至のニックネーム、通り名と言えばこの「逸材」ですね。

他にも「エース」「太陽の天才児」なんて呼ばれています。

そして入場時のエアギターが棚橋の代名詞。

チャラい見た目なのにプロレス離れの辛い時期を乗り越えた苦労人でもあります。

棚橋弘至の必殺技は?

棚橋弘至のフィニッシュホールドと言えばトップロープからの
「ハイフライフロー」ですね!

言うなればフライングボディプレスです。

決して絶対に決まる技ではないですが

棚橋弘至のハイフライフローに会場のボルテージは最高潮に!

そして「ドラゴンスープレックス」も彼のフィニッシュホールドでは有名ですね。

最近では大一番での「スタイルズ・クラッシュ」も!

投げ技では「スリングブレイド」や「ドラゴンスクリュー」が多いですね。

スリングブレイドですか?

旋回式のフライングネックブリーカードロップです。
長くなるので動画見てもらえれば・・・

棚橋弘至のベストバウトは?

棚橋弘至のベストバウト・・・
まずは2005年1月4日の中邑真輔戦でしょうか。

試合には負けたものの
ここから「棚橋中邑時代」の始まりを予感させてくれた一戦。

 

2006年12月10日
IWGPヘビー級選手権試合、棚橋弘至VS中邑真輔。
棚橋のベルト防衛戦です。

この試合後に棚橋は中邑真輔をライバルとして
10年以上戦って行くことを宣言しました。

 

そして2019年1月4日
IWGPヘビー級選手権試合、棚橋弘至VSケニーオメガ。

お互いのプロレス感に異議を唱えた両者のプライドが激突した一戦!

まさに激闘!まさに死闘!
血湧き肉躍るとはこの事。

最後は棚橋弘至が勝利しIWGPヘビー王者に返り咲きました。

棚橋弘至まとめ

いかがでしたか?

最近では「パパはわるものチャンピオン」で主演を務めたり
オカダカズチカとタッグを組み話題になりましたね。

ケニーオメガとの一戦はプロレスを知らない方に是非とも見て欲しい一戦です。

3000文字まとめ

これでようやく3000文字に到達しました。

なんともまた脈略のない文章になってしまいましたが

プロレス愛が少しでも伝われば、
少しでもプロレスに興味を持ってもらえれば
嬉しく思います。

ちなみに今回のテーマは「橋」です。

何か勘違いしているかもですが
ちゃんとテーマに沿って書けたと思います

 

ちなみに自分の好きなプロレスラーですが
ケニーオメガです。

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です