知られざるヤンキーの生態について。




どうも、もとさん@です。

 

夏です。
学生諸君は夏休みです。
そしてそれに比例して何故か増えてくる
「ヤンキー」という種族。
近所のコンビニに毎晩ヤンキーがたむろしているのが嫌で嫌でたまらない。

 

ヤンキーの偏見になるが、大体スウェットで某サンリオの健康サンダルを履いたドすっぴんの女を連れてまわしていたりする。

 

彼らはある程度たむろした後
激安の殿堂へと赴くのだ。
何故激安の殿堂、ドン・キホーテはヤンキーを惹きつけるのだろうか…?

夏休みの自由研究に行き詰まっている諸君。
残る夏休みを有意義に過ごす為に
ヤンキーの知られざる生態を是非参考にしていただきたい。

 

スポンサーリンク

そもそもヤンキーとは?

一概に「不良」と定義すると
世の中の「ヤンキー」達にボッコボコにされ兼ねないので
ある程度信用ならない参考文献に罪を擦り付けるのが得策である。
出でよ!Wikipedia引用!

“ヤンキー”とは、日本国内において、「周囲を威嚇するような強そうな格好をして、仲間から一目おかれたい」という志向を持つ少年少女を指す俗語を指す。また、それらの少年少女に特有のファッション傾向や消費傾向などライフスタイル全般を含める場合もある。

 

口伝えで広まった言葉のため、語源とは関係なく曖昧な定義のまま使用されることが多く、「非行少年」「不良」「チンピラ」「不良集団」などを指すものとして広範な意味で使用されている。

Wikipediaより引用

 

なるほど。
相手に威圧的な印象を与える者だと…。
しかしヤンキーの定義は曖昧模糊である。
昨今で言うところの「エモい」に似ている。

 

果たして何を以って「エモい」のか?
何を以って「ヤンキー」なのか?
その真相を知る者は少ない。

ヤンキーの生息地について。

ヤンキーは基本的に夜行性と言われている。

 

それは「夜のコンビニ」であったり
「夜のドン・キホーテ」や「夜のゲーセン」と言った主に24時間営業をしている
明るい場所を好む傾向がある。

 

「昼のドン・キホーテ」で彼らと遭遇したと言った例はあまり報告されていない。
恐らく日光が苦手であったり、
日中は真面目に働いている者も多く存在する。

ヤンキーの外見的特徴

ヤンキー(雄)
一昔前のヤンキー(雄)の外見的特徴は
プージャ(プーマのジャージ)にAVIREXのタンクトップが基本装備であった。
「B系ファッション」の者はあまりヤンキーではない事が多い。
現在はファッションヤンキーが増えてきている為、外見上の判断が困難になってきている。

 

頭髪も金髪や赤髪と言った奇抜な髪色ではなく地毛ヤンキーも増えているとの報告が上がっている。

そして外見上判断が困難な理由に
「スウェット」と言うアイテムがある。
昨今ではスウェットはヤンキー以外も着用するケースが多い為である。

 

特筆すべきは「ガチンコファイトクラブ」の様なゴリゴリのヤンキーは絶滅危惧種とされる為
今の子ども達は彼等を知らない。
また「武装戦線」のような革ジャンのニーチャンもあまり存在しない。

 

そしてビックスクーターやVIPカーに乗っている個体も多く存在している。
ズンチャカズンチャカ…ナントカカントカ。
因みに走り屋的なクーペは
あまり好まれていない…。

 

ヤンキー(雌)
同じく彼女達も一昔前だと
プーマのジャージである。
「紺色×ピンク」が定番であった。
スウェットに健康サンダル、通称「健サン」を着用している事もある。

 

「ギャル」とよく間違われるが
敵対している者も多く注意が必要である。
むやみやたらと「ギャル」と言うと彼女達の怒りの琴線に触れる事もある。

 

彼女達は基本的に異性間の距離が近いとされ
何かと勘違いする者も多い。

ヤンキーの基本的行動

夜行性の彼らは基本的に
群れを成して行動している事が多い。
「仲間を呼ぶ」LINE等を駆使する事がある。
そしてヤンキーAがヤンキーBを呼び、ヤンキーBがヤンキーAの知らないヤンキーCを呼ぶ。

 

こうしてヤンキーコミュニティが形成される。
群れを成したヤンキー達の
騒音被害は後を絶たない。

しかしこの行動には注意が必要で、ヤンキーCがヤンキーAに対して敵対的行動を取る事がある。
いわゆる「内紛」が勃発する恐れがある。

 

「内紛」に関しては漫画「クローズ」等の著者である高橋ヒロシ氏の漫画で
よく確認される。

クローズ 全26巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

クローズ 全26巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

 

そしてヤンキーは前述した通り派手な見た目をしている。
これは、別個体ヤンキーと遭遇した際は
「威嚇」または「求愛」として役立つ。

 

ヤンキーの「威嚇」について
彼らの威嚇行動は基本的に

  • ガンを垂れる(にらみつける)
  • 肩をぶつける(たいあたり)
  • ガムをクチャクチャ(いやなおと)
  • 怒鳴る(なきごえ)

と相手を萎縮させるものが多い。
なるべく目を合わせずに事なきを得るのが得策とされている。

ヤンキーの性格

以上を踏まえた上で
ヤンキーの性格について説明したい。

 

ヤンキーは群れで行動するゆえに
非常に「仲間意識」が高い者が多い。

 

「戦いは数だよ兄貴!」と言う言葉があるが
彼らは基本的に戦闘を望まない。
こちらは、後述するヤンキー亜種の項を参考にしていただきたい。

 

「ヤンキー=怖い、危険」と言うイメージを持たれがちなのだが彼等は善良な市民に対しては基本的に無害とされている。
あくまで彼等の敵は別個体ヤンキーや
「筋の通ってない者」であり、彼等との縄張り争いは絶えない。

 

また、ヤンキーは意外にも縦社会に適応しており目上の人間に対しては敬意を払って行動する習性がある。
しかし、いくら目上とは言え横暴な態度を取り続けていた場合下克上的な制裁が加えられる事もある故注意が必要である。

そして特筆すべきは「意外と涙もろい」と言うことである。
こちらは自分の先輩ヤンキーの経験談であるが映画「火垂るの墓」を見てオイオイ泣いていた。

 

上記の通り、基本的にイイ奴であることが多い。

亜種の存在について。

この項ではヤンキーから派生した
亜種について説明したい。

Z-666
この個体は核戦争にて崩壊した世紀末の各所で確認される。
武装したアメリカンバイクを乗りこなし、群れで行動する。
村々を襲い、食糧や労働力を強奪し
汚物は消毒だぁあああ
と事あるごとに叫んでいることが多い。
通称ヒャッハーである。

出典:汚物は消毒だー%21とは ニコニコ大百科 スマートフォン版!

 

花山さん家の薫ちゃん
いわゆるクミチョーと呼ばれる個体であり
身長190.5cm体重166kgである。
ファイトスタイルは素手喧嘩。
男の中の漢であり、じつはめっちゃいい人。
全ての漢気の源。

RDF 強きを求めし者 花山薫 リニューアルver.

RDF 強きを求めし者 花山薫 リニューアルver.

番長
主にパチンコ屋に出没する。
一部の成人済みヤンキーの収入源でもあり、養分製造機でもある。
薫ちゃんと同じく男の中の漢なのだが、彼の男気はなかなか見る事はない。
コレが漢の!!!チャンスー!!!
からの前兆移行に期待である。

 

アニマル柄
この個体は主に関西地方で目撃される。
通称オカンとも呼ばれる事も多い。
ヤンキーが夜間に出没するのに対して
彼女らは昼の商店街に生息する。
性格はがめつく横暴な者が多い。
どこで売ってるか分からないデカデカとしたトラやライオンの服を着ている。
これは序列を表わしているとされ、上位オカンは主に肉食獣の刺繍やプリントである。

 

自転車で颯爽と現れ、嵐のように去っていく様は天災と称されるほど。
ヤンキーたちもコレにはなす術もなく家路に着くとか。

 

これナンボやったと思う?
と聞いて来る事が多く、これに巻き込まれる者は多い。
ウザ絡みのプロ。しれっとスルーして置くのが吉とされる。

まとめ

以上をもって現段階におけるヤンキー生態レポートを一時終了とする。
なお、ヤンキー文化については日々進化しており引き続き調査が必要である。

 

自由研究がまだ終わっていない学生諸君、このレポートを参考に勉学に励んでほしい。
※但し先生に突き返されても自分は一切責任は取らない。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です