メイドインアビスが面白い!でも重すぎて辛い!

どうもアビスの探窟のプロもとさん です。

絵本?幼児向け?
と思うほどの優しいタッチの絵。

その絵に騙されるなかれ

とにかく重い、見ていて辛い

最初に書いておくが、全然子ども向けじゃないアニメ
それでは感想など色々書いてみようと思う。

それでは「奈落の底」にご案内。

メイドインアビスのあらすじ、内容は?

メイドインアビス 1 (バンブーコミックス)
あらすじ
人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴「アビス」。

その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う「探窟家」たちが暮らしていた。

彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の「遺物」

そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。

ヒロインのリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。

アビスへの憧れが人一倍強い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。

ある日の探窟で、リコは謎の存在に生命の危機を救われる。

その何者かが放った熱線の跡を辿ると、
そこには少年そっくりのロボットが倒れていた。

ここまではなんというか少年とダンジョン探検するっていうボーイミーツガール的な
可愛い可愛いファンタジー系だって思っていたんだ

メイドインアビスの登場人物は

これだけで重いとか「魔法少女まどかマギカ」の方がズンとくるだろうに!

安心してください。
濃いキャラがいっぱい出てくる上にそのキャラがまた抱えてるものが濃いので少し紹介したい。

リコ

主人公、12歳女の子。デコメガネ卿。
探窟家見習い(赤笛)で母は「殲滅のライザ」(白笛)

母の白笛が見つかった事によりアビスの「奈落の底」をレグと目指す。
好奇心旺盛で活発。
伝説的な探窟家のライザの娘故に誘拐などのリスクを考え孤児院に預けられる。

出生に秘密があり。

レグ

もう1人の主人公、ロボット。
記憶喪失でリコがアビスにて拾ってきた。
名前はリコが飼っていた犬の名前。
アビスの深層から来たと思われる。
四肢はロボットでそれ以外は人間と見た目は同じ。

オーゼン

二層監視基地で暮らす白笛。
ライザの師匠でリコの出生の秘密を知っている。
ひねくれた性格だが義理堅い。

事故で倒れていたマルルクを助け、マルルクからは「お師様」と呼ばれている。
最初のトラウマ

ナナチ

四層でリコとレグが出会う「成れ果て
「アビスの呪い」(上昇負荷)でウサギのような獣人のような外見をしている。
聰明卿ボンドルドの実験体のひとりだった。

「んなぁ〜」が口癖。
一人称は「おいら」だが性別不明。

ミーティ

アニメにおける最大のトラウマメーカー

ナナチと同じく「成れ果て」のひとり(1匹)。
獣のような姿にも見えるし肉塊にも見える。
聰明卿ボンドルドの上昇負荷の実験体にされたひとり。

六層の上昇負荷「人間性の喪失もしくは死」の「人間性の喪失」の方を浴びて
人としての理性も姿も失ってしまった。
ナナチが人間性を保っているのはミーティがナナチの呪いを引き受けたから。

 

メイドインアビスの魅力は?

メイドインアビス Blu-ray BOX 上巻

メイドインアビスの魅力は
随所に生々しさが見受けられる。

自分が感じた部分をネタバレしない程度に少し書いてみようと思う。

奈落の底に行くことはもう地上に戻れないこと。

下層に降りるほど生還が困難になるわけで

地上に戻ろうものなら「上昇負荷」の影響で身体に何らかの影響を及ぼす。

つまり「後戻りできない=死」という状況が序盤から始まる。

ちなみに四層の上昇負荷が「確実な死

 

深層に潜れば潜るほど2度と地上での生活ができないということ。

 

リコとレグが年端もいかない年齢であること。

彼女達は子ども。

単純に子どもには荷が重い

生きる為に必要な選択や誰かを見捨てる、殺す

という選択が少年、少女に幾度となく降りかかる。

 

タイトルや絵柄の見た目でダマされる。

魔法少女まどかマギカを例に出すと、魔法少女モノの
ポップでファンシーなストーリーを根底から覆した。

メイドインアビスにはそれと似た「何か」がある。

 

まとめ

メイドインアビス Blu-ray BOX 下巻

アニメでは2期や劇場版を想定した構成になっていて
区切りの良いところで終わりますが
なんとも泣けるッ!

果たしてリコは母親に出会えるのか?

レグは一体自分は何者なのか?

アビスの大穴とは一体なんなのか?

 

んなぁ〜。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です