出川イングリッシュを知れば英語はそれほど怖くない!

NO IMAGE

どうも、もとさんです。
最近外国人観光客が多いですね。
自分は関西に住んでいるのですが、京都や大阪に行けばどこもかしこも
外国人観光客でごった返しています。
そんな中「Excuse me?」なんて聞かれちゃ泣きそうになりますね。

逆も然りです。
自分の経験談なのですが、初めての海外旅行で英語が話せずに
かなり不便な思いをしたことがあります。
しかし「世界の果てまでイッテq」でお馴染みの出川イングリッシュを知れば
英語に対しての恥ずかしさが克服できるかも・・・?

出川イングリッシュって何?

テレビ番組「世界の果てまでイッテq」の人気企画「出川はじめてのおつかい
にて出川哲朗が話すヘンテコな英語の事なんですが、彼の話す出川イングリッシュ実は凄いのです。

キャッチ率No,1

編集の都合もあるのだけれど、彼が声をかける人は百発百中で返答はどうあれ立ち止まる。
確かに人に尋ねられる人になれ!と格言があるが、万国共通で出川哲朗は恐らく無意識で選んでいるのだろう。

もちろん、彼の声をかけた人はほぼほぼ良い人で熱心に彼のチグハグ英語を聞いて答えている。

なんとなく通じる

犬に吠えられたときである。
「ノーワンワン!ノーワンワン!」
英語で犬の鳴き声はBowwowだったはずだけど…何故かわかってしまうのである。
ちなみにNot barkでも大丈夫らしい。
さすがは出川イングリッシュ。
ボディランゲージを越えた何か・・・なのだろう。

ガーガーバード!

出川イングリッシュを語る上で非常に重要な単語である。
イギリスにてアヒルのお土産の購入である。
「ミッキーマウスはマウス!ドナルドダックはホワッツ?」
ダック言うてしもてるし!

ただ、ウケるからと言って何も考えずに難しい問題を作っている制作はどうかと思うのだが…。

彼に恥の概念はない。

さすがは芸人だぜ!なんて思うかも知れないが、正直異国の地で一人で買い物だなんて
どうかしている。
TVだろうが何だろうが目的のためなら恥も捨てるのが出川イングリッシュだ。
英語が出来ない自分でも同じ状況なら出川イングリッシュが炸裂するだろう。

まとめ

出川イングリッシュは「体当たり」なのである。
とにかくやってみる、話してみる。

英語がわからないからと言って喋らないのは損である。
そして相手も人間である。
少し早口ならゆっくり話してほしいと要求すれば良いのだ。

そして文法を気にしていてはますます話せない。
確かに必要だと思うし文法も大切だ。

「これは演習ではない!これは実戦だ!」
と格言があるように会話は実践だ。

関西人に「もうかりまっか?」「ぼちぼちでんなぁ」と教科書通りに返してくる人はいないように英語も同じだと思う。
仲の良い友人なら”How are you”より”What’s up (bro.)”で聞いてくる人もいる。
なにより日本人の英語は堅苦しいイメージがあるそうだ。

本当にビビると負けなのだ。